歯槽膿漏について

歯槽膿漏とは、歯と歯茎の間に起こる炎症のことで、歯茎が腫れたり、出血したり、それが進行すると歯がグラグラと支えられなくなり、最終的には歯を抜かなくてはならなくなります。そのような歯槽膿漏の原因とは一体どのようなものなのでしょうか。また、その歯槽膿漏がもたらす体への影響にはどのようなものがあるのでしょうか。

まず、歯槽膿漏の原因ですが、ずばり歯垢です。歯垢は細菌の塊であるため、そこの原因菌が歯茎に悪さをして歯槽膿漏を誘発します。そのため、デンタルケアを怠ったり、磨き残しなどがあると、そこで原因菌が繁殖して歯槽膿漏に繋がるのです。また、歯槽膿漏の健康リスクですが、こちらは深刻なものとなっています。歯槽膿漏の原因菌は唾液や呼吸などを通じて肺に取り込まれ、これが肺炎の原因になることがあります。

また、出血した歯茎から血管に入り込み、そこから血管を詰まらせる血栓を作ったり、心臓で悪さをして心筋梗塞を引き起こす原因になることもあるのです。肺炎や脳血管疾患、また心疾患などは日本人の死亡率の上位に食い込んでいる病気です。それだけに注意することが必要だと言うことが出来るでしょう。

デンタルケアは命を守るために重要な意味を持っています。そのため、現在歯槽膿漏で悩んでいる人も、そうでない人も正しい知識を持ち合わせておくことが必要だと言えるでしょう。このページでは歯槽膿漏の原因と、その体への影響についてまとめてあります。これを読んで健康な体を目指しましょう。


◆ 歯垢による悪影響とは?関連リンク ◆
歯垢がたまると歯槽膿漏だけでなく口臭を招くこともあります。口臭は対策をすることで事前に防ぐことができるので、口臭対策の関連サイトを紹介します ≫ 口臭 対策