歯槽膿漏の原因

歯槽膿漏の原因はズバリ歯垢です。歯垢は細菌の塊であるため、歯を汚れたままの状態にしておいたり、磨き残しなどがあると、歯と歯茎の間に汚れが溜まっていきます。それが原因となり、歯茎が腫れたり、歯肉炎などの歯茎の病気にかかってしまいます。歯茎から出血が見られるのもこれが原因です。しかし、この段階であれば完治の可能性も高いです。もし歯医者に行かずにそのままにしてしまうと、歯垢の細菌が歯槽骨を溶かして歯槽膿漏を誘発します。

歯槽膿漏は歯垢が原因で起こる病気なので、それを防ぐためには言うまでもなく、口内の状態を清潔にしておくことが重要です。病原菌の状態や質、量と歯茎の抵抗力によって、いつ歯槽膿漏が起きるか分かりませんが、細菌の量が増えることによって発症のリスクが高まることは間違いありません。歯槽膿漏の原因菌は24時間で育ち、悪さを始めるとも言われているので、その間に歯ブラシなどでデンタルケアをするようにしましょう。

歯槽膿漏は歯垢の細菌が原因で発生します。そのため、デンタルケアが発症のリスクを下げるのに効果的です。忙しい毎日ですが、しっかりと1日1回は歯ブラシなどで口の中を清潔にするようにしましょう。